山科 氷魚 (YAMASHINA Hio) > Hash-Extract > Hash::Extract::JA

Download:
Hash-Extract-0.02.tar.gz

Annotate this POD

View/Report Bugs
Source  

NAME ^

Hash::Extract::JA - ハッシュの値をレキシカル変数に展開

バージョン ^

Version 0.02

概要 ^

 use Hash::Extract qw(hash_extract);
 
 %hash = ( red => 'apple', blue => 'sky', );
 hash_extract( \%hash, my $blue );
 print $blue;  # ==> 'sky'

エクスポート ^

このモジュールにはエクスポート可能な関数が1つあります.

関数 ^

hash_extract(\%hash, my $xxx, my $yyy);

ハッシュに格納されている値を指定された変数に 取り出します. その時指定された変数の変数名をハッシュの キーとして使います.

現在のところ, この関数を呼び出したのと同じスコープにある レキシカル変数のみが使えます.

 hash_extract( $hashref, my $xxx);
 # ==> my $xxx = $hashref->{xxx};

 hash_extract( $hashref, our $xxx);
 # ==> die: could not detect name of variable.

今のところ変数の内容とか見ていないですけれど, 今後のバージョンで オプションとか増えるかもしれないので undef にしておいた方が 無難と思います. 使い回ししないで.

著者 ^

山科 氷魚 (YAMASHINA Hio), <hio at cpan.org>

バグ ^

バグや要望は bug-hash-extract at rt.cpan.org 宛に 報告してください. 若しくは http://rt.cpan.org/NoAuth/ReportBug.html?Queue=Hash-Extract. にある web インターフェースからでもかまいません. そこから私に通知され, そして私が変更を行うことで報告頂いたバグの進捗を 自動的にあなたに伝えるでしょう.

サポート ^

このモジュールのドキュメントは perldoc コマンドで見ることが出来ます.

    perldoc Hash::Extract

また, 以下の場所でも見ることが出来ます:

関連項目 ^

PadWalker

著作権及びライセンス ^

Copyright 2006-2007 YAMASHINA Hio, all rights reserved.

このプログラムはフリーソフトウェアです。あなたは Perl と同じ ライセンスの 元で再配布及び変更を行うことが出来ます.

syntax highlighting: