Tadashi Matsuda > MobaSiF-Template > MobaSiF::Template::Compiler

Download:
MobaSiF-Template-0.02.tar.gz

Dependencies

Annotate this POD

View/Report Bugs
Module Version: 0.03   Source  

NAME ^

MobaSiF::Template::Compiler - Template compiler for MobaSiF::Template

SYNOPSIS ^

  use MobaSiF::Template::Compiler;
  MobaSiF::Template::Compiler::compile($in, $out_file);

DESCRIPTION ^

  MobaSiF::Template::Compiler::compile($in_file, $out_file);
  
    $in をコンパイルして $out_file にバイナリテンプレートを出力します。
    $out_file を指定しないと、デバッグ出力が表示されます。
    $in には、ファイル名か文字列への参照を渡すことができます。

テンプレートの書式 ^

■ 置換コマンド

$={b|e|h|hn}:NAME$

  NAME が指すパラメータ値に置換します。
  以下のいずれかの変換方法を指定します。
  
  b:    無変換
  e:    url encode
  h:    htmlspecialchars
  hn:   htmlspecialchars + nl2br

■ ループコマンド

$ loop (NAME) { $ 〜 $ } $

  〜の部分を繰り返します。
  NAME はハッシュを参照する配列への参照を指します。

■ 条件コマンド

$ if (条件部) { $ $ } elsif (条件部) { $ $ } else { $ $ } $

  条件分岐を行います。ネストも可能です。
  条件部についての詳細は下記を参照。

条件部の書式

  NAME        : NAME が "",0,NULL 以外の場合に真となります。
 !NAME        : NAME が "",0,NULL     の場合に真となります。
  NAME==VALUE : NAME==VALUE の場合に真となります。
  NAME!=VALUE : NAME!=VALUE の場合に真となります。
  COND1 && COND2 && ... and : and 条件がつなげられます。
  COND1 || COND2 || ... or  : or  条件がつなげられます。
  
  制限:and, or を混在することはできません。

SEE ALSO ^

MobaSiF::Template

syntax highlighting: