白方 健太郎 > Pod-L10N > Pod::L10N::Format

Download:
Pod-L10N-1.01.tar.gz

Annotate this POD

Website

View/Report Bugs
Source  

NAME ^

Pod::L10N::Format - Pod::L10N 対応フォーマット仕様

DESCRIPTION ^

Pod::L10N 対応フォーマットは、以下の目標を達成しつつ Pod の訳文を 記述するために作成されています。

Be compatible with original POD specifications (and POD files based on them)

(既存の POD 仕様(及びそれで作成された POD ファイル)と互換性を持つ)

例えば、POD 仕様では見出しの文字列がそのままリンクの識別子になるため、 他の POD からアクセスできるように、見出しそのものは原文のまま残す 必要があります。

Print pretty well with existing tools

(既存のツールでも違和感なく表示される)

L10N 対応ツールは普及しているものではなく、変換先も一部しかないので、 既存のツールで変換されることも考慮し、その場合でも違和感ない形で 変換される必要があります。

Be able to associate translated text with orignal ones automatically

(原文と訳文を機械的に対応付けることを可能にする)

単に訳文を表示するためだけでなく、専用のツールを使うことで原文と訳文を 並べて表示したり、あるいは翻訳メモリで使用する、といった用途が 考えられるため、原文と訳文を機械的に対応付けられることが望ましいです。

SPECIFICATIONS ^

(仕様)

Ordinary and verbatim paragraphs

(普通の(ordinary)段落とそのままの(verbatim)段落)

通常の段落とそのままの段落は訳文のみを記述します。

原文を併記する場合(これはオプションです)は、訳文の段落の に、 =begin original=end original で囲んだ原文の段落を置きます。

Headings and =item

(見出しと =item)

見出しと =item は、原文のまま残します。

見出しと =item を翻訳する場合(これはオプションです)は、原文の次の段落として () で囲んだ普通の段落として記述します。

もし見出しと =item を翻訳しないけれども、たまたま次の段落が () で囲まれた普通の段落の場合は、見出しや =item の原文と同じ内容を 訳文として記述することで、次の段落が訳文と認識させることを防ぎます。

AUTHOR ^

白方 健太郎 (SHIRAKATA Kentaro), <argrath@cpan.org>.

SEE ALSO ^

perlpod, Pod::Html, Pod::L10N::Html

COPYRIGHT ^

This library is free software; you can redistribute it and/or modify it under the same terms as Perl itself.

syntax highlighting: