山科 氷魚 (YAMASHINA Hio) > Tripletail > Tripletail::Filter

Download:
Tripletail-0.50.tar.gz

Dependencies

Annotate this POD

CPAN RT

New  1
Open  0
View/Report Bugs
Source  

NAME ^

Tripletail::Filter - CGI出力加工

SYNOPSIS ^

  $TL->setContentFilter('Tripletail::Filter::HTML', charset => 'UTF-8');
  
  $TL->print("foo\n");

DESCRIPTION ^

$TL->print$template->flush で出力されるデータを加工するクラス。

$TL->print$template->flush によるコードからの出力は、 $TL->setContentFilter によって指定されたフィルタにより加工されてから出力される。

フィルタ一覧

Tripletail::Filter::HTML - PC向けHTML出力 (デフォルト)
Tripletail::Filter::MobileHTML - 携帯電話向けHTML出力
Tripletail::Filter::CSV - CSV出力
Tripletail::Filter::TEXT - TEXT出力
Tripletail::Filter::Binary - バイナリ出力
Tripletail::Filter::SEO - SEO出力フィルタ

METHODS

_new
  $filter = $TL->newFilter(%filteroption)

Tripletail::Filter オブジェクトを作成。 フィルタの初期化を行う。

addHeader

各フィルターの動作による。

setHeader

各フィルターの動作による。

print
  $content = $filter->print($content)

出力すべき内容を受け取り、必要ならデータを加工し、出力すべき内容を返す。

flush
  $content = $filter->flush

全ての出力内容を出力し終えたときに呼び出される。フィルタ側でバッファしている 内容があれば、その内容を返す。内容がなければ空文字列を返す。

但し、エラー時には呼び出されないこともある。

(0.44 以降、再初期化処理は "reset" メソッドに分離)

reset
  $content = $filter->reset

リクエスト処理の終了時に呼び出される。

FCGI使用時には、フィルタオブジェクトは各リクエストの間で使い回される為、 このメソッドで必ず内部状態を初期化する必要がある。

(0.44 以降, 0.43 までは "flush" の一部でした。)

SEE ALSO ^

Tripletail
Tripletail::InputFilter

AUTHOR INFORMATION ^

Copyright 2006 YMIRLINK Inc.

This framework is free software; you can redistribute it and/or modify it under the same terms as Perl itself

このフレームワークはフリーソフトウェアです。あなたは Perl と同じライセンスの 元で再配布及び変更を行うことが出来ます。

Address bug reports and comments to: tl@tripletail.jp

HP : http://tripletail.jp/

syntax highlighting: