山科 氷魚 (YAMASHINA Hio) > Tripletail > Tripletail::Sendmail

Download:
Tripletail-0.50.tar.gz

Dependencies

Annotate this POD

CPAN RT

New  1
Open  0
View/Report Bugs
Source  

NAME ^

Tripletail::Sendmail - メールの送信を行う

SYNOPSIS ^

  my $sendmail = $TL->newSendmail
    ->connect
    ->send(
        -from => 'null@example.org',
        -rcpt => 'null@example.org',
        -data => '.....',
       )
    ->disconnect;

DESCRIPTION ^

METHODS

$TL->newSendmail
  $TL->newSendmail($inigroup);

Tripletail::Sendmail オブジェクトを作成。 引数には ini で設定したグループ名を渡す。 引数省略時は 'Sendmail' グループが使用される。

setTimeout
  $smail->setTimeout($sec);

タイムアウトまでの秒数を設定する。 引数については Tripletail::Sendmail::SmtpTripletail::Sendmail::MailQueueTripletail::Sendmail::Esmtp を参照。

connect
  $smail->connect;

メール送信先に接続を行い、sendメソッドの準備を整える。 引数については Tripletail::Sendmail::SmtpTripletail::Sendmail::MailQueueTripletail::Sendmail::Esmtp を参照。

disconnect
  $smail->disconnect;

メール送信先との接続を切断する。

send
  $smail->send(-from => $from, -rcpt => $rcpt,       -data => $data)
  $smail->send(-from => $from, -rcpt => [$rcpt,...], -data => $data)

-from、-rcpt を省略した場合は、-dataのヘッダから宛先を抽出し、送信する。 connectの後に呼ばなければならないが、複数回呼び出すことが出来る。 sendメソッドを使用した後は、disconnectしなければならない。

Ini パラメータ

method
  method = smtp

送信メソッドを指定する。省略可能。 指定可能なメソッドはsmtp、sendmail、mailqueue、 esmtp の3種類。

デフォルトはsmtp。

logging
  logging = 1

ログの取得の可否を指定する。省略可能。 0の場合、ログを取得しない。 1の場合、ログを取得する。

デフォルトは0。

その他パラメータ

各送信メソッドのクラスの ini パラメータの項を参照。

送信メソッド一覧

Tripletail::Sendmail::Smtp - SMTP送信
Tripletail::Sendmail::Sendmail - Sendmail送信
Tripletail::Sendmail::MailQueue - Lib7用メールキュー
Tripletail::Sendmail::Esmtp - Forcast esmtp

SEE ALSO ^

Tripletail
Tripletail::Mail
Tripletail::HtmlMail

AUTHOR INFORMATION ^

Copyright 2006 YMIRLINK Inc.

This framework is free software; you can redistribute it and/or modify it under the same terms as Perl itself

このフレームワークはフリーソフトウェアです。あなたは Perl と同じライセンスの 元で再配布及び変更を行うことが出来ます。

Address bug reports and comments to: tl@tripletail.jp

HP : http://tripletail.jp/

syntax highlighting: