山科 氷魚 (YAMASHINA Hio) > Tripletail > Tripletail::Validator

Download:
Tripletail-0.50.tar.gz

Dependencies

Annotate this POD

CPAN RT

New  1
Open  0
View/Report Bugs
Source  

NAME ^

Tripletail::Validator - 値の検証の一括処理

SYNOPSIS ^

  my $validator = $TL->newValidator;
  $validator->addFilter(
    {
      name  => 'NotBlank',
      email => 'Email',
      optionemail => 'Blank;Email',  # 入力しなくてもOKとする
      password => 'CharLen(4,8);Password',
    }
  );
  my $error = $validator->check($form);

DESCRIPTION ^

Formオブジェクト値の検証の一括処理を行う。

METHODS ^

$TL->newValidator
  $validator = $TL->newValidator

Tripletail::Validator オブジェクトを作成。

addFilter
  $validator->addFilter(
    {
      name  => 'NotBlank',
      email => 'Email',
      optionemail => 'Empty;Email',  # 入力しなくてもOKとする
      password => 'CharLen(4,8);Password',
    }
  )

バリデータにフィルタを設定する。 検証対象となるフォームのキーに対し、フィルタリストを指定する。

フィルタ指定形式としては、

  FilterName(args)[message]

を、「;」区切りとする。 「(args)」や、「[message]」は省略可能。 「(args)」を省略した場合は、それぞれのフィルタによりデフォルトのチェックを行う。 「[message]」を省略した場合は、checkの戻り時にフィルタ名を返す。

check
  $error = $validator->check($form)
  $error = $validator->check($form, sub{...} )

設定したフィルタを利用して、フォームの値を検証する。

それぞれのフォームのキーに対してエラーがあれば、「[message]」、 もしくは指定がない場合はフィルタ名を値としたハッシュリファレンスを返す。 エラーがなければ、そのキーは含まれない。

2番目の引数に関数リファレンスを渡すと, エラー時にそれが呼ばれる。 エラーがなかった場合には呼ばれない。 引数として、1つめに check メソッドが返すのと同じハッシュを、 2つめに文字列でのエラーメッセージを渡す。

変更用フィルタを使用しようとした場合はエラーを返す。

correct
  $error = $validator->correct($form)
  $error = $validator->correct($form, sub{...} )

設定したフィルタを利用して、フォームの値を検証する。 また、変更用フィルタを使った場合はフォームの値を修正する。

それぞれのフォームのキーに対してエラーがあれば、「[message]」、 もしくは指定がない場合はフィルタ名を値としたハッシュリファレンスを返す。 エラーがなければ、そのキーは含まれない。

2番目の引数に関数リファレンスを渡すと, エラー時にそれが呼ばれる。 エラーがなかった場合には呼ばれない。 引数として、1つめに check メソッドが返すのと同じハッシュを、 2つめに文字列でのエラーメッセージを渡す。

$form に const メソッドが呼ばれた Form オブジェクトが渡された場合、 エラーを返す。

getKeys
  @keys = $validator->getKeys

現在設定されているフィルタのキー一覧を返す。

フィルタ一覧

組み込みcheckフィルタ

Empty

値が空(存在しないか0文字)であることをチェックし、そうであれば以降の判定を中止し、検証OKとする。

Email等の形式である必要があるが、入力が任意であるような項目のチェックに使用する。

NotEmpty

値が空(存在しないか0文字)でないことをチェックする。

値の形式を問わないが、入力必須としたい場合に使用する。

NotWhitespace

半角/全角スペース、タブのみでないことをチェックする。 値が空(存在しないか0文字)の場合は検証NGとなる。

Blank

値が空(存在しないか0文字)、半角/全角スペース、タブのみであることをチェックし、そうであれば以降の判定を中止し、検証OKとする。

Email等の形式である必要があるが、入力が任意であるような項目のチェックに使用する。空白のみなら入力無しとみなす。

NotBlank

値が空(存在しないか0文字)、半角/全角スペース、タブのみでないことをチェックする。

値の形式を問わないが、入力必須としたい場合に使用する。空白のみなら入力無しとみなす。

PrintableAscii

文字列が制御コードを除くASCII文字のみで構成されているかチェックする。 値が空(存在しないか0文字)なら検証NGとなる。

Wide

文字列が全角文字のみで構成されているかチェックする。 値が空(存在しないか0文字)なら検証NGとなる。

Password($spec)

文字列が$specに指定した要素をすべて最低1つずつ含んでいるかチェックする。

$specに指定できるのはalpha, ALPHA, digit, symbolをカンマ区切りで指定した文字列で、 指定がない場合はすべて指定した場合と同様となる。 また、指定された文字以外が入っていることに関しては考慮しない。

値が空(存在しないか0文字)なら検証NGとなる。

"isPassword" in Tripletail::Value

ZipCode

7桁の郵便番号(XXX-XXXX形式)かチェックする。

実在する郵便番号かどうかは確認しない。

TelNumber

電話番号(/^\d[\d-]+\d$/)かチェックする。

数字で始まり、数字で終わり、その間が数字とハイフン(-)のみで構成されていれば電話番号とみなす。

Email

メールアドレスとして正しい形式かチェックする。

MobileEmail

メールアドレスとして正しい形式かチェックする。

但し携帯電話のメールアドレスでは、アカウント名の末尾にピリオドを含んでいる場合がある為、これも正しい形式であるとみなす。

携帯電話キャリアのドメイン名を判別するわけではないため、通常のメールアドレスも正しい形式であるとみなす。

Integer($min,$max)

整数で、かつ$min以上$max以下かチェックする。指定値は省略可能。

デフォルトでは、最大最小のチェックは行わなず整数であれば正しい形式であるとみなす。

値が空(存在しないか0文字)なら検証NGとなる。

Real($min,$max)

整数もしくは小数で、かつ$min以上$max以下かチェックする。指定値は省略可能。

デフォルトでは、最大最小のチェックは行わなず、整数もしくは小数であれば正しい形式であるとみなす。

値が空(存在しないか0文字)なら検証NGとなる。

Hira

平仮名だけが含まれているかチェックする。

値が空(存在しないか0文字)なら検証NGとなる。

Kata

片仮名だけが含まれているかチェックする。

値が空(存在しないか0文字)なら検証NGとなる。

ExistentDay

YYYY-MM-DDで設定された日付が実在するかチェックする。

Gif
Jpeg
Png

それぞれの形式の画像かチェックする。

画像として厳密に正しい形式であるかどうかは確認しない。

HttpUrl($mode)

"http://" で始まる文字列かチェックする。

$modeにs を指定した場合、"https://" で始まる文字列も正しい形式とみなす。

HttpsUrl

"https://" で始まる文字列かチェックする。

Len($min,$max)

バイト数の範囲が指定値以内かチェックする。 指定がない場合はチェックを行わない。

SjisLen($min,$max)

Shift-Jisでのバイト数の範囲が指定値以内かチェックする。指定がない場合はチェックを行わない。

CharLen($min,$max)

文字数の範囲が指定値以内かチェックする。 指定値がない場合はチェックを行わない。

Portable

機種依存文字を含んでいないかチェックする。

値が空(存在しないか0文字)なら検証OKとなる。

PcPortable

携帯絵文字を含んでいないかチェックする。

値が空(存在しないか0文字)なら検証OKとなる。

DomainName

ドメイン名として正当である事を確認する。

IpAddress
  IpAddress($checkmask)

$checkmaskに対して、設定されたIPアドレスが一致すれば1。そうでなければundef。

$checkmaskは空白で区切って複数個指定する事が可能。

例:'10.0.0.0/8 172.16.0.0/12 192.168.0.0/16 127.0.0.1 fe80::/10 ::1'。

Enum($a,$b,$c)

値が指定値のいずれかであることをチェックする。指定値がない場合にはいずれにも該当しないとみなす。

Or($filter1|$filter2|$filter3)

指定のフィルタのいずれかに該当するかをチェックする。指定値がない場合にはいずれにも該当しないとみなす。

RegExp($regexp)

指定の正規表現に該当するかをチェックする。指定値がない場合には、エラー。

SingleValue

値がただ1つ存在することをチェックする拒否フィルタ。 (0.44 以降)

1つのみ存在すれば、次のフィルタに処理を渡す。

2つ以上存在する、若しくは1つも存在しない場合には、 その時点で処理を中断し、エラーを返す。

MultiValues
  MultiValues($min)
  MultiValues($min,$max)

値が指定した $min 個以上, $max 個以下の範囲で 存在することをチェックする拒否フィルタ。 (0.44 以降)

個数が範囲内であれば、 次のフィルタに処理を渡す。

個数が範囲外だった場合には、 その時点で処理を中断し、エラーを返す。

$max を省略した場合、上限個数の確認は行わない。

値が0個で、それが範囲内のときのみ($min が 0 の場合)、その場で受理される. (0.45以降)

NoValues

値が存在しないことを受け付ける受理フィルタ。 (0.44 以降)

値を全く持っていなければ、 その時点で処理を中断し、成功を返す。

何らかの値が(空欄であったとしても)存在した場合には、 次のフィルタに処理を渡す。

組み込みcorrectフィルタ

"correct" で使用できる変更用フィルタ。 "correct" では check フィルタと correct フィルタの 両方を利用できるが、"check" で correct フィルタを使用した場合には エラーとなる。

ConvHira

ひらがなに変換する。 "convHira" in Tripletail::Value

ConvKata

カタカナに変換する。 "convKata" in Tripletail::Value

ConvNumber

半角数字に変換する。 "convNumber" in Tripletail::Value

ConvNarrow

全角文字を半角に変換する。 "convNarrow" in Tripletail::Value

ConvWide

半角文字を全角に変換する。 "convWide" in Tripletail::Value

ConvKanaNarrow

全角カタカナを半角に変換する。 "convKanaNarrow" in Tripletail::Value

ConvKanaWide

半角カタカナを全角に変換する。 "convKanaWide" in Tripletail::Value

ConvComma

半角数字を3桁区切りのカンマ表記に変換する。 "convComma" in Tripletail::Value

ConvLF

改行コードを LF (\n) に変換する。 "convLF" in Tripletail::Value

ConvBR

改行コードを <BR>\n に変換する。 "convBR" in Tripletail::Value

ForceHira

ひらがな以外の文字は削除。 "forceHira" in Tripletail::Value

ForceKata

カタカナ以外の文字は削除。 "forceKata" in Tripletail::Value

ForceNumber

半角数字以外の文字は削除。 "forceNumber" in Tripletail::Value

ForceMin($max,$val)

半角数字以外の文字を削除し、min未満なら$valをセットする。$val省略時はundefをセットする。 "forceMin($max,$val)" in Tripletail::Value

ForceMax($max,$val)

半角数字以外の文字を削除し、maxより大きければ$valをセットする。$val省略時はundefをセットする。 "forceMax($max,$val)" in Tripletail::Value

ForceMaxLen($max)

最大バイト数を指定。超える場合はそのバイト数までカットする。 "forceMaxLen($max)" in Tripletail::Value

ForceMaxUtf8Len($max)

UTF-8での最大バイト数を指定。 超える場合はそのバイト数以下まで UTF-8の文字単位でカットする。 "forceMaxUtf8Len($max)" in Tripletail::Value

ForceMaxSjisLen($max)

SJISでの最大バイト数を指定。超える場合はそのバイト数以下まで SJISの文字単位でカットする。 "forceMaxSjisLen($max)" in Tripletail::Value

ForceMaxCharLen($max)

最大文字数を指定。超える場合はその文字数以下までカットする。 "forceMaxCharLen($max)" in Tripletail::Value

ForcePortable

機種依存文字以外を削除。

ForcePcPortable

携帯絵文字以外を削除。

TrimWhitespace

値の前後に付いている半角/全角スペース、タブを削除する。 "trimWhitespace" in Tripletail::Value

ユーザー定義フィルタについて

組み込みフィルタに含まれないフィルタを、ユーザーで実装し、組み込むことができる。

フィルタの構築

Tripletail::Validator::Filterクラスを継承し、doFilterメソッドをオーバーライドする。

doFilterメソッドに渡される引数は、以下の通り。

$this

フィルタオブジェクト自身

$values

チェック対象となる値の配列の参照。

$args

フィルタに与えられる引数。

doFilterメソッドの戻り値をスカラで評価し、その復帰値が真で且つ リファレンスでなければ検証NGと判断する。 偽であれば、そのフィルタは通過して次のフィルタに。 リファレンスであればそのキーは検証OKとして、そのキーの検証を終了する。

フィルタの組み込み

IniパラメータのValidatorグループに、

  フィルタ名 = フィルタクラス名

として指定する。

チェック対象となる値の配列に、'Test'以外の文字列が含まれていればエラー。

TestFilter.pm
  package TestFilter;
  use Tripletail;
  
  use base qw{Tripletail::Validator::Filter};
  
  sub doFilter {
    my $this   = shift;
    my $values = shift;
    my $args   = shift;
    
    return grep { $_ ne 'Test' } @$values > 0;
  }
Iniファイル
  [Validator]
  Test = TestFilter
使い方
  $validator->addFilter(
    {
      test => 'Test',
    }
  )

SEE ALSO ^

Tripletail
Tripletail::Value

AUTHOR INFORMATION ^

Copyright 2006 YMIRLINK Inc.

This framework is free software; you can redistribute it and/or modify it under the same terms as Perl itself

このフレームワークはフリーソフトウェアです。あなたは Perl と同じライセンスの 元で再配布及び変更を行うことが出来ます。

Address bug reports and comments to: tl@tripletail.jp

HP : http://tripletail.jp/

syntax highlighting: