Benjamin Franz > Unicode-MapUTF8 > pod/MapUTF8.ja_JP.utf8.pod

Download:
Unicode-MapUTF8-1.11.tar.gz

Annotate this POD

CPAN RT

New  1
Open  1
View/Report Bugs
Source  

名前 ^

Unicode::MapUTF8 - 任意の文字セットから/へのUTF8の変換

概要 ^

 use Unicode::MapUTF8 qw(to_utf8 from_utf8 utf8_supported_charset);

 # 'ISO-8859-1'の文字列を 'UTF8'に変換する
 my $output = to_utf8({ -string => 'An example', -charset => 'ISO-8859-1' });

 # 'UTF8'エンコーディングの文字列をエンコーディング 'ISO-8859-1'へ変換する
 my $other  = from_utf8({ -string => 'Other text', -charset => 'ISO-8859-1' });

 # 利用できる文字セットエンコーディングのリスト
 my @character_sets = utf8_supported_charset;

 # 文字セット別名の追加
 utf8_charset_alias({ 'ms-japanese' => 'sjis' });

 # 2つの任意の(しかし大きく互換性のある)文字セットエンコーディングでの変換
 # (SJIS to EUC-JP)
 my $utf8_string   = to_utf8({ -string =>$sjis_string, -charset => 'sjis'});
 my $euc_jp_string = from_utf8({ -string => $utf8_string, -charset => 'euc-jp' })

 # 特定の文字セットがサポートされているかを確認
 if (utf8_supported_charset('ISO-8859-1') {
     # Yes
 }

説明 ^

UTF8とその他のエンコーディングから/への変換のための中核となるルーチンの間のアダプタ層を提供します。本質的には、複数存在する Unicodeモジュールへの1つの共通のインターフェース、下敷きになっている実装を知ることなく、簡単にUTF8から/へ他の文字セットエンコーディ ング変換を簡単におこないます。そのため、これはUnicode::String、Unicode::Map8、Unicode::Map、Jcodeモ ジュールを標準化された簡単なAPIの中に包みます。

またこれはUTF-8をベースに一般的な文字セット変換も提供します−これは2段階の変換つなげることにより、2つの互換性があり、サポートされている文字セットで可能です。

ほとんどのことがPerl的なので−かみ砕く対象として数多くの小さいなものの代わりに2、3の大きな固まりを与えると、1秒間により多くの文字を扱います。

設計では、登場するいかなる新しい文字セット・エンコーディング変換モジュールも取り込むように簡単に拡張することができます。

変更点 ^

(原文のまま)

 1.11 2005.10.10   Documentation changes. Addition of Build.PL support.
                   Added various build tests, LICENSE, Artistic_License.txt,
                   GPL_License.txt. Split documentation into seperate
                   .pod file. Added Japanese translation of POD.

 1.10 2005.05.22 - Fixed bug in conversion of ISO-2022-JP to UTF-8.
                   Problem and fix found by Masahiro HONMA
                   <masahiro.honma@tsutaya.co.jp>.

                   Similar bugs in conversions of shift_jis and euc-jp
                   to UTF-8 fixed as well.
                  
 1.09 2001.08.22 - Fixed multiple typo occurances of 'uft'
                   where 'utf' was meant in code. Problem affected
                   utf16 and utf7 encodings. Problem found
                   by devon smith <devon@taller.PSCL.cwru.edu>

 1.08 2000.11.06 - Added 'utf8_charset_alias' function to
                   allow for runtime setting of character
                   set aliases. Added several alternate
                   names for 'sjis' (shiftjis, shift-jis,
                   shift_jis, s-jis, and s_jis).

                   Corrected 'croak' messages for
                   'from_utf8' functions to appropriate
                   function name.

                   Tightened up initialization encapsulation

                   Corrected fatal problem in jcode from
                   unicode internals. Problem and fix
                   found by Brian Wisti <wbrian2@uswest.net>.

 1.07 2000.11.01 - Added 'croak' to use Carp declaration to
                   fix error messages.  Problem and fix
                   found by Brian Wisti
                   <wbrian2@uswest.net>.

 1.06 2000.10.30 - Fix to handle change in stringification
                   of overloaded objects between Perl 5.005
                   and 5.6. Problem noticed by Brian Wisti
                   <wbrian2@uswest.net>.

 1.05 2000.10.23 - Error in conversions from UTF8 to
                   multibyte encodings corrected

 1.04 2000.10.23 - Additional diagnostic messages added
                   for internal error conditions

 1.03 2000.10.22 - Bug fix for load time autodetction of
                   Unicode::Map8 encodings

 1.02 2000.10.22 - Added load time autodetection of
                   Unicode::Map8 supported character set
                   encodings.

                   Fixed internal calling error for some
                   character sets with 'from_utf8'. Thanks
                   goes to Ilia Lobsanov
                   <ilia@lobsanov.com> for reporting this
                   problem.

 1.01 2000.10.02 - Fixed handling of empty strings and
                   added more identification for error
                   messages.

 1.00 2000.09.29 - Pre-release version

関数 ^

utf8_charset_alias({ $alias => $charset });

文字セット別名の実行時の代入に使われます。

引数なしで呼ばれると、定義されている別名と、それにマップされる文字セットのハッシュを返します。

例::

  my $aliases     = utf8_charset_alias;
  my @alias_names = keys %$aliases;

1つのパラメータ付きで呼ばれると、もしその別名が定義されていれば、'本当の'文字セットの名前を返します。それが別名に見つからなければundefを返します。

例:

    if (! utf8_charset_alias('VISCII')) {
        # No alias for this
    }

もし'alias' => 'charset'の組のリストで呼ばれれば、それらの別名が使えるように定義します。

例:

    utf8_charset_alias({ 'japanese' => 'sjis', 'japan' => 'sjis' });

注意:渡された組が、予め定義されている文字セット・エンコーディングの集合に定義されている文字セットにマップされなければ、croakします。これは他の別名への別名を許してはいません。

複数の文字セットを1回の呼出しで設定することができます。

別名をクリーンするためには、undefの文字セットマッピングを渡します。

例:

    utf8_charset_alias({ 'japanese' => undef });

別名が設定されている間、もし予め定義されている文字セットであれば、'utf8_supported_charset' 関数は別名を返します。

基本の定義された文字エンコーディングを別名でオーバーライドすると、標準エラー(STDERR)への警告メッセージを出します。

utf8_supported_charset($charset_name);

(ユーザが定義した別名も含めて)名づけられた文字セットがサポートされていればtrueを返します。<p>そうでなければfalseを返します。

例:

    if (! utf8_supported_charset('VISCII')) {
        # まだサポートされていません
    }

パラメータなしで、リスト・コンテキストで呼ばれると、(ユーザが定義した別名も含めて)サポートされているすべての文字セット名のリストを返します。

例:

    my @charsets = utf8_supported_charset;
to_utf8({ -string => $string, -charset => $source_charset });

指定された元の文字セット(source charset)からUTF8に変換された文字列を返します。

from_utf8({ -string => $string, -charset => $target_charset});

UTF8から指定されたターゲットの文字セット(target charset)に変換された文字列を返します。

バージョン ^

1.11 - 2005.10.10

やるべきこと ^

Jcode、2バイト・エンコーディングそしてエンコーディング別名のための逆行テスト

参考資料 ^

Unicode::String Unicode::Map8 Unicode::Map Jcode

著作権 ^

Copyright 2000-2005, Benjamin Franz. All rights reserved.

作者 ^

Benjamin Franz <snowhare@nihongo.org>

クレジット ^

川合孝典 "Kawai,Takanori" <GCD00051@nifty.ne.jp> - 邦訳

ライセンス ^

Perl と同じライセンス( Artistic License と GPL のデュアルライセンス)

(原文のまま)

This program is free software; you can redistribute it and/or modify it under the same terms and conditions as Perl itself.

This means that you can, at your option, redistribute it and/or modify it under either the terms the GNU Public License (GPL) version 1 or later, or under the Perl Artistic License.

See http://dev.perl.org/licenses/

DISCLAIMER ^

(原文のまま)

THIS SOFTWARE IS PROVIDED ``AS IS'' AND WITHOUT ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, WITHOUT LIMITATION, THE IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

Use of this software in any way or in any form, source or binary, is not allowed in any country which prohibits disclaimers of any implied warranties of merchantability or fitness for a particular purpose or any disclaimers of a similar nature.

IN NO EVENT SHALL I BE LIABLE TO ANY PARTY FOR DIRECT, INDIRECT, SPECIAL, INCIDENTAL, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES ARISING OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE AND ITS DOCUMENTATION (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, LOST PROFITS) EVEN IF I HAVE BEEN ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE

syntax highlighting: