Tatsuhiko Miyagawa > Encode-JP-Mobile-0.30 > Encode::JP::Mobile::Charnames

Download:
Encode-JP-Mobile-0.30.tar.gz

Dependencies

Annotate this POD

CPAN RT

Open  1
View/Report Bugs
Source  

NAME ^

Encode::JP::Mobile::Charnames - define pictogram names for "\N{named}" string literal escapes

SYNOPSIS ^

    use Encode::JP::Mobile::Charnames;

    print "\N{DoCoMo Beer} \N{DoCoMo ファーストフード}\n";
    Encode::JP::Mobile::Charnames::unicode2name(0xE672);    # => 'ビール'
    Encode::JP::Mobile::Charnames::unicode2name_en(0xE672); # => 'Beer'
    Encode::JP::Mobile::Charnames::vianame('DoCoMo Beer');  # => 0xE672

METHODS ^

unicode2name
    Encode::JP::Mobile::Charnames::unicode2name(0xE672);    # => 'ビール'

unicode から日本語の名前を得ます。

このメソッドは KDDI-cp932 と KDDI-Auto のどちらの Unicode が引数として渡されても名前を返します。

ただし、現在の仕様では、SoftBank と au の重複領域では SoftBank が優先されます。 シェアを考えれば KDDI の方を優先するべきですが、KDDI の方は KDDI-CP932 ではなく KDDI-Auto を使うという代替手法があるので、このような仕様となっております。

unicode2name_en
    Encode::JP::Mobile::Charnames::unicode2name_en(0xE672); # => 'Beer'

Unicode から英語の名前を得ます。

キャリヤから公式に英語の絵文字名称が付与されているのは docomo だけであるため、KDDI, SoftBank については一度 DoCoMo 絵文字にマッピングして得られた文字の名前を利用しています。

vianame
    Encode::JP::Mobile::Charnames::vianame('DoCoMo Beer');  # => 0xE672

名前から絵文字の Unicode を得ます

AUTHOR ^

Tokuhiro Matsuno <tokuhirom ta mfac ・ jp>

SEE ALSO ^

Encode::JP::Mobile, charnames

syntax highlighting: