Atsushi Kobayashi > Qudo-0.0213 > Qudo::Manual::JA::Tutorial

Download:
Qudo-0.0213.tar.gz

Annotate this POD

CPAN RT

New  1
Open  0
View/Report Bugs
Source  

NAME ^

Qudo::Manual::JA::Tutorial - Qudo's sample code document lang:ja

DESCRIPTION ^

QudoでJobを処理するためには、ClientとWorkerを作成する必要があります。

ここではサンプルを用いながら、それぞれの作成方法について解説していきます。

まず始めに ^

Qudoを使うにはデータをストアするためにQudo用のデータベースを設定する必要があります。 現在対応しているRDBMSは「MySQL」,「SQLite」,「PostgreSQL」です。

スキーマのsetupでは付属のqudoコマンドで行ってください

client ^

QudoでJob Queueingを行うクライアントは以下のように書きます

    # in your script:
    use Qudo;
    my $client = Qudo->new(
        driver_class => 'Skinny', # DBIx::Skinny
        databases => [
            +{
                dsn      => 'dbi:SQLite:/tmp/qudo.db',
                username => '',
                password => '',
            }
        ],
    );

    # enqueue job
    $client->enqueue("Your::Worker::Mail", { arg => $user->email, uniqkey => $user->login_id});

まずQudoのオブジェクトを作成します。

JobをQueueingするデータベースを指定してオブジェクトを作成します。

Qudoでは複数のデータベースへの接続をサポートしています。

オブジェクト作成時の第二引数は必ず、データベース接続情報のhashrefを配列にして、

そのリファレンスを渡す形にしてください。

作成したオブジェクトを元にJobをenqueueします。

enqueueメソッドの

第一引数はJobを処理させるWorkerのpackage名

第二引数はWorkerが使う引数の情報

この例の場合、Jobを処理するクラスとしてYour::Worker::Mailを指定し、

処理させる引数として$user->email(メールアドレス)を指定し、

Jobのユニークキーとして$user->login_id(ログインID)を指定しています。

その他第二引数のhashrefに指定出来るオプションとしては、以下があります

run_after … ここに秒数を指定することで、現在から何秒後に処理を開始させるかを指定出来ます。

priority … ここに優先度を指定することで、その種類のjobの中でpriotiry値が高いものから順に処理がされます

クライアントが行う処理はこれだけです。

あとはこれから作成するYour::Worker::Mailが処理してくれます。

worker ^

queueingされたJobを処理していくworkerを作成します

    package Your::Worker::Mail;
    use base 'Qudo::Worker';
    sub work {
        my ($class, $job) = @_;
        print $job->arg; #print $user->email;
        
        # send mail process...
        
        $job->completed; # finished job!
    }
    1;

Qudo::Wokerを継承したクラスを作成し、

『必ず』workメソッドをオーバーライドしてください。

workメソッドの第二引数にはJobの情報が丸々わたってきます。

$job->argメソッドでQueueingする際に指定した、Workerに使ってほしいと指定された引数情報が格納されています。

次に、 workerを起動するスクリプトを以下のように用意します

    # ex) qudo-worker.pl :
    use Qudo;
    my $worker = Qudo->new(
        driver_class => 'Skinny',
        databases => [
            +{
                dsn      => 'dbi:SQLite:/tmp/qudo.db',
                username => '',
                password => '',
            }
        ],
        manager_abilities => [qw/Your::Worker::Mail/], # set worker
    );
    $worker->work(); # boot manager
    # work work work!

clientと同じようにワーカーが使うデータベースを指定してQudoのオブジェクトを作成します。

この時にmanager_abilitiesの引数をつかって、

このworkerが管理するWorkerクラスを指定します。

$worker->work()メソッドを呼び出すことで、

JobがQueueingされる毎にWorkerクラスを呼び出して処理させています。

基本的にはこれだけです。

簡単でしょ:)

workメソッド内では無限ループが発生し、JobがQueueingたびにJobに対応するWorkerに処理が移譲されます。

Driver

QudoではJobをstoreする仕組みを差し替える事ができます。

デフォルトではDBIx::Skinnyを利用しRDBMSを利用したDriverが使われます。

Skinny以外にはDBIをサポートしています。

DriverもHookやPlugin同様、好きに書く事ができますので、DBICが使いたい人、CDBIを使いたい人、Data::Modelを使いたい人など色々有ると思いますので

好きに書いてください:)

書いたら教えてもらえるととてもうれしいです:)

好きに書いたDriverは

    Qudo->new(
        driver_class => 'Your::Driver',
        databases => [
            +{
                dsn      => 'dbi:SQLite:/tmp/qudo.db',
                username => '',
                password => '',
            }
        ],
    );

driver_classに設定することで使う事ができます。

syntax highlighting: