二十日☆鼠 - IKEDA Soji > Unicode-LineBreak-2013.10 > Unicode::GCString~[ja]

Download:
Unicode-LineBreak-2013.10.tar.gz

Annotate this POD

CPAN RT

Open  1
View/Report Bugs
Source   Latest Release: Unicode-LineBreak-2013.11

NAME ^

Unicode::GCString~[ja] - UAX #29 書記素クラスタの列としての文字列

SYNOPSIS ^

    use Unicode::GCString;
    $gcstring = Unicode::GCString->new($string);

DESCRIPTION ^

Unicode::GCString はUnicode文字列を、Unicode標準附属書29 [UAX #29] で定義される「拡張書記素クラスタ」〔extended grapheme cluster〕の列として扱う。

書記素クラスタ〔grapheme cluster〕は、Unicode文字の列で、ひとつの書記素基底〔grapheme base〕と、付加的な書記素エキステンダ〔grapheme extender〕および/または「前置」文字〔“prepend” character〕から成る。これは人が「文字」とみなすものに近い。

公開インタフェース

コンストラクタ

new (STRING, [KEY => VALUE, ...])
new (STRING, [LINEBREAK])

コンストラクタ。 Unicode文字列 STRING から新たに書記素クラスタ文字列 (Unicode::GCString オブジェクト) を作る。

KEY => VALUE の対については "オプション" in Unicode::LineBreak~[ja]を参照。 第二の形式では、 Unicode::LineBreak~[ja] オブジェクト LINEBREAK で分節の仕様を決定する。

: 最初の形式はリリース 2012.10 で導入された。

copy

コピーコンストラクタ。 書記素クラスタ文字列の複製を作る。 新たな文字列では、次の位置は先頭になる。

長さ

chars

インスタンスメソッド。 書記素クラスタ文字列に含まれるUnicode文字の数、つまりUnicode文字列としての長さを返す。

columns

インスタンスメソッド。 組み込みの文字データベースで決定される書記素クラスタ文字列の桁数を返す。 詳しくは "DESCRIPTION" in Unicode::LineBreak~[ja] を参照。

length

インスタンスメソッド。 書記素クラスタ文字列に含まれる書記素クラスタの数を返す。

文字列としての操作

as_string
"OBJECT"

インスタンスメソッド。 書記素クラスタ文字列を明示的にUnicode文字列に変換する。

cmp (STRING)
STRING cmp STRING

インスタンスメソッド。 文字列を比較する。特に風変わりなところはない。 文字列のどちらかがUnicode文字列でもよい。

concat (STRING)
STRING . STRING

インスタンスメソッド。 書記素クラスタ文字列を結合する。 STRING のどちらかがUnicode文字列でもよい。 結果の文字列の桁数 (columns() を参照) や書記素クラスタの数 (length() を参照) は、ふたつの文字列のそれの和になるとはかぎらないことに注意。 新たな文字列では、次の位置は左辺の文字列にセットされていた位置になる。

join ([STRING, ...])

インスタンスメソッド。 STRING を、書記素クラスタ文字列をはさんでつなげる。 STRING のうちに Unicode文字列があってもよい。

substr (OFFSET, [LENGTH, [REPLACEMENT]])

インスタンスメソッド。 書記素クラスタ文字列の部分文字列を返す。 OFFSET と LENGTH は書記素クラスタで数える。 REPLACEMENT を指定すると、部分文字列をそれで置き換える。 REPLACEMENT は Unicode文字列でもよい。

Note: このメソッドは組み込み関数 substr() と異なり、左辺値を返すことはない。

書記素クラスタの列としての操作

as_array
@{OBJECT}
as_arrayref

インスタンスメソッド。 書記素クラスタ文字列を、書記素クラスタの情報の配列に変換する。

eos

インスタンスメソッド。 現在の位置が書記素クラスタ文字列の最後かどうか調べる。

item ([OFFSET])

インスタンスメソッド。 OFFSET番めの書記素クラスタを返す。 OFFSET を指定しないと、次の位置の書記素クラスタの情報を返す。

next
<OBJECT>

インスタンスメソッド、反復的。 次の位置の書記素クラスタを返し、次の位置をひとつ進める。

pos ([OFFSET])

インスタンスメソッド。 OFFSET を指定した場合は、次の位置をそれにする。 書記素クラスタ文字列の次の位置を返す。

その他

lbc

インスタンスメソッド。 最初の書記素クラスタの最初の文字の行分割クラス (Unicode::LineBreak~[ja] 参照) を返す。

lbcext

インスタンスメソッド。 最後の書記素クラスタの最後の書記素エキステンダの行分割クラス (Unicode::LineBreak~[ja] 参照) を返す。 書記素エキステンダがないか、またはクラスが CM の場合は、 最後の書記素基底の行分割クラスを返す。

CAVEATS ^

VERSION ^

$VERSION 変数を参照してほしい。

このモジュールの開発版が http://hatuka.nezumi.nu/repos/Unicode-LineBreak/ にある。

非互換な変更

2013.10
  • new() メソッドは非Unicode文字列を引数に取れるようになった。 その場合、文字列をiso-8859-1 (Latin 1) キャラクタセットで復号する。 以前のリリースでは、このメソッドに非Unicodeを入力すると死ぬようになっていた。

SEE ALSO ^

[UAX #29] Mark Davis (ed.) (2009-2013). Unicode Standard Annex #29: Unicode Text Segmentation, Revisions 15-23. http://www.unicode.org/reports/tr29/.

AUTHOR ^

Hatuka*nezumi - IKEDA Soji <hatuka(at)nezumi.nu>

COPYRIGHT ^

Copyright (C) 2009-2013 Hatuka*nezumi - IKEDA Soji.

This program is free software; you can redistribute it and/or modify it under the same terms as Perl itself.

syntax highlighting: