SADAHIRO Tomoyuki > ShiftJIS-CP932-Correct-0.06 > Correct/Japanese.pod

Download:
ShiftJIS-CP932-Correct-0.06.tar.gz

Annotate this POD

View/Report Bugs
Source  

名称 ^

ShiftJIS::CP932::Correct - Windows CP-932の文字列を正しいものにする

概要 ^

    use ShiftJIS::CP932::Correct;

    $corrected_cp932 = correct_cp932($cp932_string);

説明 ^

Microsoft Code Page 932 (CP-932) のテーブルは、次の7915文字からなります。

  JIS X 0201 一バイト文字 (191文字),
  JIS X 0208 二バイト文字 (6879文字),
  NEC特殊文字 (SJIS 13区から 83文字),
  NEC選定IBM拡張文字 (SJIS 89〜92区から 374文字),
  そして IBM拡張文字 (SJIS 115〜119区から 388文字).

このテーブルには、同じ文字が二重(若干のものは三重)に定義されているために、 Unicodeとの往復変換ができない文字があります。これは NEC および IBM のベンダ定義文字のためです。

例えば、Unicode の U+2252 に対応する CP-932 の文字は、 JIS X 0208 の 0x81e0 と NEC特殊文字の 0x8790 の 2つがあります。 そのため、Unicode から CP-932 への変換プログラムの中には、 U+2252 を、不注意のため 0x81e0 ではなく、 0x8790 に変換するものがあるかもしれません。

このような挙動は好ましくありません。なぜなら、 NEC特殊文字(または他のベンダ定義文字)は互換性が低いからです。

このモジュールは、そのような(正しいことは正しいのだがやはり) 「間違っている」CP-932 文字列を正しいものにします。

このモジュールは、 "Microsoft PRB: Conversion Problem Between Shift-JIS and Unicode (Article ID: Q170559)" で提供されたマップを使用しています。

correct_cp932(STRING)

CP-932 文字列を正しいものにして返します。 すなわち、多重定義文字の好ましくない区点を好ましい区点に変換します。 Unicodeとの往復変換が可能な文字はそのまま残されます。 CP-932で定義されない区点の文字は削除されます。 例えば,"\x87\x90""\x81\xe0" に変換されます。

is_corrected_cp932(STRING)

文字列が「正しくされた」CP-932 文字列がどうかの真偽値を返します。

is_cp932(STRING)

文字列が CP-932 文字列がどうかの真偽値を返します。

輸出

  correct_cp932 と is_corrected_cp932 はデフォルトで輸出されます。
  is_cp932 は要求により輸出できます。

注意事項 ^

「正しくされた」CP-932 といっても、ベンダ定義文字を含み得るものです。

CP-932は、Shift_JISとは違います。

作者 ^

SADAHIRO Tomoyuki <SADAHIRO@cpan.org> 貞廣 知行

Copyright(C) 2001-2002, SADAHIRO Tomoyuki. Japan. All rights reserved.

This module is free software; you can redistribute it and/or modify it under the same terms as Perl itself.

参考 ^

  1. Microsoft PRB: Conversion Problem Between Shift-JIS and Unicode (Article ID: Q170559)
  2. ShiftJIS::CP932::MapUTF
syntax highlighting: