גאבור סבו - Gábor Szabó > Term-ReadPassword-Win32-0.04 > lib/POD2/JA/Term/ReadPassword/Win32.pod

Download:
Term-ReadPassword-Win32-0.04.tar.gz

Annotate this POD

CPAN RT

Open  0
View/Report Bugs
Source  

名前 ^

Term::ReadPassword::Win32 - ユーザーにパスワードを尋ねる (Win32 用)

概要 ^

  use Term::ReadPassword::Win32;
  while (1) {
    my $password = read_password('password: ');
    redo unless defined $password;
    if ($password eq 'flubber') {
      print "Access granted.\n";
      last;
    } else {
      print "Access denied.\n";
      redo;
    }
  }

説明 ^

このモジュールは、Term::ReadPassword と同じように、ユーザーに対して パスワードを尋ねます。

ユーザーに対してパスワードの入力を求めるには、Term::ReadPassword を 使うのがよい方法ですが、Term::ReadPassword は Windows 用の ActivePerl では動かないという問題があるため、それを解決するためにこのモジュールを 書きました。

このモジュールは、Windows と Unix のどちらでも使えます。 Windows で使うには、Win32::* のモジュールが必要です。 Unix で使うときは、 このモジュールは Term::ReadPassword に対するラッパーとして動作します。

Term::ReadPassword::Win32::read_password 関数は、 Term::ReadPassword::read_password 関数とほとんど同じように動作します。

最初と2番目のパラメータは、全く同じです。最初のパラメータは、プロンプト として表示する文字列を指定し、2番目のパラメータは、タイムアウト値を秒単位 で指定します。

3番目のパラメータは、少々異なっています。

3番目のパラメータが 0 のときは、Ctrl+C は他の文字と全く同じように、 入力バッファに格納されます。これは Term::ReadPassword::read_password の 3番目のパラメータに false を指定したときの動作と同じです。

3番目のパラメータが 1 のときは、Ctrl+C または Esc が入力されると パスワードの入力を終了します。Term::ReadPassword::read_password の 3番目のパラメータに true を指定したときの動作と似ていますが、Esc でも 入力を終了できる点が異なっています。

3番目のパラメータが 2 のときは、Esc が入力されるとパスワードの入力を 終了します。Ctrl+C が入力された場合は、おそらくプログラムが中断 されます。

Ctrl+U が入力されると、入力バッファはクリアされます。

バグ ^

マルチバイト文字は正しく扱われません。(マルチバイト文字を1文字削除する 場合に BackSpace を複数回入力する必要があります。)

参考 ^

Term::ReadPassword, Term::Getch

著作権 ^

Copyright (C) 2005 Ken Takata <kentkt@anet.ne.jp>

This library is free software; you can redistribute it and/or modify it under the same terms as Perl itself.

ダウンロード ^

最新版は、 http://webs.to/ken/ から入手できます。

syntax highlighting: